MENU

古代文明をテーマにした建国シミュレーション『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』サービス開始!

2020 3/07
古代文明をテーマにした建国シミュレーション『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』サービス開始!

2019年12月16日から配信されている『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』を実際に遊んでみたので、どんなゲームなのかを紹介します!気になっているけどみんなの評価がどうなのか気になっている方のために、ストアの口コミなども参考にして記事を書いてます。

ライズオブキングダム(ライキン)をサクっと評価

本格的建国ゲーム!
Rise of Kingdoms―万国覚醒―
Lilith Games
リアルタイム戦略シミュレーション
システム (4.0)
手軽さ (3.0)
テンポ (3.5)
グラフィック (3.5)
おすすめ度 (4.0)

ライズオブキングダム(ライキン)ってどんなゲーム?

ライキン

『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』は世界各地に存在した古代文明の中から好きな文明を選択し、国を育成していく建国シミュレーションゲーム。

自分のお城や兵隊を強化しながら、同盟に加入しリアルタイムで繰り広げられる白熱の戦争を楽しめます。ライキンの戦争は自分で部隊の操作が可能なので、相手の編成をみて、動きを変えたりしながら戦えるので他のシミュレーションゲームのバトルより数倍楽しめます。

よくあるシミュレーションゲームのシステムを採用しているので、自分の国を強化し、鯖内の覇権を掛けた争いを楽しみながら、エンドコンテンツである鯖VS鯖を目標にどんどん兵たちを育てよう!

ココがおすすめ!
  • 細かい育成が序盤から可能!
  • 白熱のリアルタイムバトルが面白すぎ
  • 同盟の恩恵が大きいので他プレイヤーと楽しく遊びながらプレイ!

それぞれ簡単に説明をしますね!

細かい育成が序盤から可能!

序盤は簡単なチュートリアルがあるので、順番に進めると一通り仕組みがわかるかと思います。

シミュレーションでよくある、生産施設、軍事施設の建設を行いレベルを上げ、資源を蓄えながら兵を強化していく流れです。それに加えてライキンの面白い点は、施設を国の中で好きな場所に設置可能なので自由なカスタマイズを行えるところ。

他のシミュレーションゲームだとあらかじめ決められている箇所にしか施設を設置できない事が多いので、デコ感覚で国を自分色で作りながら進められます。

私はドイツ文明を選択してスタートしたので、国の施設はゲルマンチックな建物となっていますが、日本を選択すると瓦屋根の馴染みある建物になるそうです。

シミュレーションゲームといえば!が一通り揃っている

施設の建設、レベル上げはもちろんフィールドに出れば蛮族や資源を採取できるエリア、他のプレイヤーのお城が存在します!

ロードモバイル』などを遊んだ事がある方なら、すんなり遊び始める事ができる作りです。

ライキン

国が近代化すると、技術ツリーの強化や同盟に加入する事が可能。

白熱のリアルタイムバトルが面白すぎ

ライキンは他のシミュレーションゲームと違い、指揮官2人と引き連れる兵を自分で編成し他のプレイヤーに戦いを挑む事ができます。

敵部隊との戦いはリアルタイムで進行し、自分で操作を全て行います。兵たちは騎兵は弓兵に強く、歩兵は騎兵に強く、弓兵は歩兵に強い3すくみ状態となっています。それぞれの相性を考えながら戦争を行うのはかなり面白いので、戦闘狂には超おすすめのバトル仕様になっています!

その他にも、遠征というソロで楽しめるバトルや同盟員と協力して敵対チームと戦うオシリスの戦役や対CPUイベント暗黒要塞などなど面白いコンテンツが盛沢山です。

同盟の恩恵が大きいので他プレイヤーと楽しく遊びながらプレイ!

同盟センターを建設可能になったら、すぐさま同盟に加入しましょう!

建物の建設時間短縮には同盟からの支援が有効なので、なるべく日本人が多い同盟を探し加入するのがおすすめ!

この他にも、同盟の誰かが課金パックを購入するとおこぼれでギフトを受け取れたり、ギルド技術を発展させると様々な恩恵を受けれる。

日本人が多い同盟に入ると、チャットがとても盛んなのでゲーム以外でも人と交流する楽しさが味わえます。
中には、オフ会を行っている同盟とかもあるそうです。

実際に遊んでみた本音のレビューと評価

ここがイイ!

  • ★新規プレイヤーはバリアで国を保護されている
  • ★施設を好きに配置可能
  • ★他プレイヤーとの協力プレイが熱い
  • ★シミュレーションゲー好きが新しく始めても楽しめる

ここがヤダ!

  • ★チャットでの民族批判が目立つ
  • ★バリア保護期間が切れると戦争が始まる
  • ★やはり課金要素が多い…

内容はよくあるシミュレーションゲームですが、その全てがクオリティを高めており、歴戦のシミュレーションゲーマーも初めて遊んでみる人にもオススメな出来上がりとなっています!

ライキン
国内の木は伐採して資源にできる

特に、建設した施設を自由に何回でも配置変えできたり、道を引いたりできるのは他のシミュレーションゲームではなかなか味わえない楽しさがあります。国が近代化するに従い施設のヴィジュアルも変わってく細かさも素晴らしいです。

ライキン
装飾アイテム資源で購入可能

ただ、無課金で遊び続けるにはやはり厳しいのがシミュレーションゲー。序盤は保護バリアで国が守られていますが、それが切れると他プレイヤーから国を襲撃され資源を奪われてしまうのは悲しいです。その為、微課金でもよいので課金をし、軍事力をつけるなどしてライキンライフを楽しみましょう!

ちなみに、120円課金すれば現状最高峰の指揮官源義経をGETする事が可能です!

ココがおすすめ!
  • 細かい育成が序盤から可能!
  • 白熱のリアルタイムバトルが面白すぎ
  • 同盟の恩恵が大きいので他プレイヤーと楽しく遊びながらプレイ!

アプリタイトルRise of Kingdoms ―万国覚醒―
ジャンル建国シミュレーション
メーカーLilith Games
配信日2019年12月16日
価格 基本無料(ゲーム内課金あり)
公式サイト Rise of Kingdoms ―万国覚醒― 公式サイト
対応機種 iPhone/Android

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)