【評価&レビュー】『タップハンター』人気タイトル『剣と魔法のログレス』10周年記念作品。ソロで黙々と遊べる放置系RPG

タップハンターのレビューと序盤攻略を掲載

この記事では無料で遊べるスマホゲームアプリ『タップハンター』を実際にプレイしどんなゲームアプリなのかを読者様に向けてわかりやすくレビュー、解説しています。

注目の新作一覧👀

機兵とドラゴン

4月8日配信

星になれ

4月2日配信

ブラステ

4月1日配信

ハイフラ

3月28日配信

もっと見る

目次

サクっとタップハンターを評価&レビュー!

『タップハンター』がどんなゲームアプリなのか簡単にまとめているのでサクっと知りたい人はここだけ読もう

タップハンターはどんなゲーム?

タップハンターはどんなゲーム?

タップハンター』は、Aiming Inc.が配信した放置系RPG。同社が開発する『剣と魔法のログレス いにしえの女神』10周年記念のタイトルとなっている。

放置かタップだけで遊べる手軽さと、キャラクター編成、サポートスキルの引き継ぎ要素など、バトルにおける試行錯誤のRPGらしさは抑えた。

タップハンターの評価

\ 実際に遊んだ評価 /

ゲーム性(3.0)
グラフィック (3.0)
世界観 (3.0)
コンテンツ (2.0)
BGM (4.0)
総合評価 (3.0)
※評価の基準について
Apple Store(2.6)Google Play(2.0)

タップハンターの良い点・イマイチな点

良い点イマイチな点
『ログレス』10周年記念アプリ
放置かタップだけで遊べる手軽さ
試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求
課金パック販促方法

コンテンツが少ない

こんな人におすすめ!

  • 『剣と魔法のログレス』の熱狂的なファン
  • 放置ゲームが好きな人
  • ドット絵が好きな人

タップハンター

タップハンター
iPhoneAndroid
Aiming Inc
放置系RPG

ここからは『タップハンター』について実際に遊んだ体験をもとに、詳しくレビューをおこなっていきます。

タップハンターとは?

タップハンター』は、2024年2月16日にAiming Inc.がリリースした放置系RPG。キャラクター編成やサポートスキルの引き継ぎが特徴の1つ。

『ログレス』ファン、放置ゲームやドット絵好きには刺さる可能性がある。課金パックの販促方法やコンテンツの少なさが課題点。ゲーム内容はシンプルでキャラクターのスキルや編成による戦略が求められ、ボス戦ではコマンドバトルが楽しめる1作品だ。

タップハンターの特徴
  • 『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ
  • ゲームを放置するかあとはタップするだけで遊べる手軽さ
  • キャラクター編成の試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求

タップハンターのゲーム内容を徹底レビュー

ここでは『タップハンター』がどんなゲームなのか特徴別にレビューしていきます。

『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ

『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ

タップハンター~剣と魔法の放置RPG~』は、『ダンまち バトル・クロニクル』『陰の実力者になりたくて!マスターオブガーデン』などのAiming Inc.がおくるタイトル。

同社が開発し、Marvelous Inc.が配信する『剣と魔法のログレス いにしえの女神』(以下、「ログレス」)10周年記念のタイトルで、ピクセル調のグラフィックが目を引く放置系RPGとなっている。

『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ

『ログレス』と言えば、2013年にサービスが開始されて以来、多くのユーザーに支えられ続けているスマートフォン向けのMMORPGだ。

今作『タップハンター』が配信された2024年の12月にはついに11周年を迎える長寿タイトルではあるが、長くサービスが続いているのに関わらず、毎月手堅いセールスを叩き出している。

『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ

本作『タップハンター』は、『ログレス』のIPとリリース以前から付き合いの長い、Aimingの齊藤氏によれば、当初パズルゲームとしての企画で進行していたという。
※ 「gamebiz」インタビュー記事より

その背景は今まで「MMO」「ストラテジー」ジャンルを得意としてきたAimingの新しい挑戦があって、“カジュアルゲーム”の切り口で幅広いユーザーを獲得することにある。今後大型タイトルの開発を支える1つの地盤をつくろうとしているようだ。

『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ

しかし、本作に触れた筆者に言わせれば、ユーザーを舐めているのではないのか?と、疑問が湧くゲームである。それはインタビュー記事から読める開発背景と、実際のクオリティに大きなギャップがあるからだが、それ以上に「課金」という観点でも怒りを感じている。

本作を今後長期的に運営するのであれば、まずはゲームコンテンツのボリュームを増やすのが第一前提だろう。また、“ハイパーカジュアルゲーム”として手軽かつ簡単にプレイできる点も、Aimingのチャレンジ精神として支持したいポイント。

『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ

だが、記事執筆時点であまりにやることがないコンテンツ量に対し、ゲーム開始直後に出現する72時間限定の課金パック販促。11,800円で1,000回分のガチャが引ける一見お得そうなものだが、この誘導方法が非常に気に食わない。

『ログレス』のIPを大々的に打ち出し、内容を体験させる前に時限性課金を促す手法だ。72時間あれば多くのユーザーは課金の意思決定ができるだろうが、放置ゲームは時間のないプレイヤーも多い。焦って買ったユーザーに対して後出しジャンケンの構図になっている

ゲームを放置するかあとはタップするだけで遊べる手軽さ

ゲームを放置するかあとはタップするだけで遊べる手軽さ

ゲームシステムは非常に単純明快な設計だ。典型的な放置系RPGをベースにしているようで、あまり気負わずゲームをプレイできるだろう。

カジュアルゲームなので簡単かつ気楽に遊べるという部分は、マストで抑える必要がある。ゲームコンセプトは逸脱していないが、中身もシステムも必要最低限といった感じだ

ゲームを放置するかあとはタップするだけで遊べる手軽さ

ホーム画面で画面をタップすると、パーティリーダーが敵に攻撃を行う。別にタップせずとも自動的に攻撃するセミオートアタックだが、タップを連打するほど素早く敵を倒すことが可能だ。

キャラクターはHP(緑色のバー)の下にある行動ゲージが溜まれば、自動的にスキルを使用したり、攻撃を行ったりしてくれる。

ゲームを放置するかあとはタップするだけで遊べる手軽さ

2時間ごとに【フィーバー】と呼ばれる機能が利用でき、これを使用することでプレイヤーの高速タップに応じた分、敵をサクサクと倒していける。

ステージごとに一定数の敵を倒せば、次のステージに進むための【ボス戦】にチャレンジできるほか、経験値や育成アイテムが獲得できる宝箱のカウントも進む仕組みだ。

ゲームを放置するかあとはタップするだけで遊べる手軽さ

ボス戦はタップによる攻撃ができない代わりに、優先的に対象を狙うターゲット選択と、スキル選択が行える“コマンドバトル”が楽しめる。オートにしているとコマンドが表示されないので、人によっては気が付かないかもしれない

バトルで強力な攻撃スキルを使用してくる敵や、厄介なバフスキルを使用する敵など、スキルの采配以外にも、プレイヤーは倒す敵の優先度を考えなければならないだろう。

キャラクター編成の試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求

キャラクター編成の試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求

バトルでは属性相性が顕著に作用する。勝てないボス戦では、パーティ編成から組み直す必要が出てくるので、戦略を試行錯誤するRPGらしいプレイが楽しめることだろう。

事前登録者報酬などを含み、ガチャチケット未使用でも4人パーティがゲーム序盤から編成可能だ。ただ、属性に偏りが生まれる上、ガチャ石を貯めてもあまり意味がないことから、さっさと「通常ガチャ」を引いて戦力を増やすことになる。

キャラクター編成の試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求

放置系RPGというと、キャラクターの育成システム次第では不利な属性が相手でもかなり善戦できてしまうことが多い。

それは1人のキャラクターに対して細分化されたステータスの育成要素やら、装備アイテムの強化やらで、弱点属性に半ば強引気味なタフネスを持てるからだ。

キャラクター編成の試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求

『タップハンター』ではせいぜいキャラクターのレベル差による部分でしか、弱点属性へのイニシアティブを持てない。

そのため、キャラクターにこだわりがあって、パーティ編成をなるべく固定したい場合には、編成に選ばれなかったキャラクターからバフ・デバフ系スキルを引き継いで、戦略的に対処するのがベストとなる。

キャラクター編成の試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求

このスキルを仲間から引き継ぐ要素【スキルサポート】の仕組みは、そこまでメジャーと言える要素ではないだろう。

有名どころで言えば『ファイアーエムブレム ヒーローズ』などが挙げられるが、あちらと異なり、本作はキャラクターを失うこともない。色々なスキルを付け替えて、自分なりのパーティ編成でバトルが楽しめるRPGらしさと、編成の自由度は担保されている


タップハンター

タップハンター
iPhoneAndroid
Aiming Inc
放置系RPG

タップハンターの序盤攻略

タップハンターの序盤攻略

リセマラは可能だが、こだわりがなければ特別意識する必要はないだろう。リセマラができるのは記事執筆時点(2024年2月16日)で「通常ガチャ」のみ。「スタートダッシュガチャ」「属性ガチャ」は無償ガチャ石では引けない状態となっている。

なお、敵に勝てず先に進めない際には、以前のステージに戻って宝箱を受け取るカウントを進めながらレベリングすると良さそうだ。

タップハンターの事前登録特典

事前登録者数1万人を達成した『タップハンター』では、下記の特典がもらえる。

  • 「魔晶石」x3,000
  • SR「フィーネ」
  • SR「エミリオ」
  • SSR「4s4ki」

タップハンターのレビュー、感想まとめ(総評)

タップハンターのレビュー、感想まとめ(総評)

断っておくがAiming Inc.のアンチでもなければ、むしろ同社が配信するチームキャラバンチャンネルのラジオも好んで聴いている側の人間だ。筆者は複数のゲームメディアでも活動しているため、本稿執筆にあたっては正直立場上悩んだ。

だが言わせてもらうと、今作はゲームとして『ログレス』という長年続くIPの名前を借りただけのハリボテに過ぎず、ユーザーに課金してもらえるサービスの基準には達していない。どこに『ログレス』の要素があるのかも新規プレイヤーには分からないだろう

課金圧とゲームコンテンツを天秤にかけた場合、5:0の割合で課金圧の方に重みがある。それくらいにはゲーム開始時の時限性課金パックの違和感が強い。『ログレス』ユーザーにも失礼なタイトルではないだろうか

タップハンターの特徴
  • 『ログレス』10周年記念アプリ。しかし根本的な問題アリ
  • ゲームを放置するかあとはタップするだけで遊べる手軽さ
  • キャラクター編成の試行錯誤はRPGらしさをしっかり追求

タップハンター

タップハンター
iPhoneAndroid
Aiming Inc
放置系RPG

動画

タップハンターのアプリ情報

アプリタイトルタップハンター~剣と魔法の放置RPG~
ジャンル放置系RPG
会社Aiming Inc.
配信日iOS:2024年2月16日
Android:2024年2月16日
価格基本無料(ゲーム内課金あり)
公式X(旧Twitter)タップハンター~剣と魔法の放置RPG~公式X
対応機種iOS11.0以降 /Android8.0 以上
サイズ352.3MB
レビュー日2024年2月17日

この記事を読んだ人におすすめのRPG!

月ウサギのそだてかた

豪華アニメ演出! シンプルなターン制コマンドバトル

月ウサギの戦いを描いた放置系RPG

  •  かわいい月ウサギを育てて「夜」に立ち向かう!
  • 放置も手動もサクサク楽しい迫力のバトル
  • 武器も能力も充実の強化システム

詳しく見る!


エリオスライジングヒーローズ

魔女狩りの塔のレビューと序盤攻略

個性豊かなイケメンヒーロー多数登場!

  • 司令官となって街の平和を守るヒーロー育成RPG
  • 4つのセクターに分かれた個性豊かなヒーローたち
  • 絆を繋いで勝利を掴め!連携が熱いコマンド式バトル

詳しく見る!


エグゾスヒーローズ

エグゾスヒーローズ、キャラ育成

神秘的なファンタジーの世界を冒険

  • スマホ最高峰のグラフィックで爽快バトル!
  • 美麗イラストで描かれた個性的なキャラが200種類も
  • バトルとキャラ育成がシンプルなのに面白い!

詳しく見る!


おすすめRPGまとめを読む!

タップハンターのレビューと序盤攻略を掲載

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次