【評価&レビュー】『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』禁断のエリア「チェルノブイリ」を探索せよ。ゾンビに放射線、絶望の資源枯渇が待ち受けるサバイバルホラー!

エスケープ・フロム・チェルノブイリのレビューと序盤攻略

買い切りで遊べる有料スマホゲームアプリ『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』をプレイしレビューと序盤攻略を掲載しています。どんなゲームなのか気になっている方は当記事を参考にしてみてください。

『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』はiOS800円、Android540円で購入しインストール可能です。

話題の新作一覧👀

目次

エスケープ・フロム・チェルノブイリとは

Atypical GamesがiOS/Android向けに配信中のゲームアプリ『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』は、放射線にまみれた禁断の地・チェルノブイリ発電所を舞台にしたサバイバルホラー。

現実さながらのスケール感に基づいて再現しているようで、入り組んだ3Dマップを探索しながらプレイヤーの身の近辺で起きた数々の謎を解決していく。不気味さを醸し出す環境音、崩れ落ちた瓦礫の数々と、ホラー要素だけではなく、荒廃したチェルノブイリが持つ未知数な世界観をも楽しめる。

エスケープ・フロム・チェルノブイリの特徴
  • 放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!
  • 拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感
  • プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

エスケープ・フロム・チェルノブイリ

エスケープ・フロム・チェルノブイリ
iPhoneAndroid
Atypical Games
サバイバルホラー

本タイトルは買い切りアプリとなります➡iOS800円、Android540円で購入しプレイ可能

エスケープ・フロム・チェルノブイリの評価

『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』をプレイし良い点とイマイチな点、どんな人におすすめできるゲームアプリなのかわかりやすく評価しています。

ゲーム性(4.5)
グラフィック (4.0)
世界観 (4.5)
コンテンツ (3.5)
BGM (4.5)
総合評価 (4.2)
※評価の基準について
Apple Store(4.1)Google Play(3.8)
良い点イマイチな点
終末世界観のあるホラー世界
資源をやりくりするサバイバル要素

ヘッドフォンを推奨したい音響
オブジェクトの引っ掛かりが気になる

こんな人におすすめ!

  • ホラーゲームが好きな人
  • 廃墟にワクワクする人
  • ゾンビにアレルギーがない人

ゲーム内容を詳しくレビュー

ここからは『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』がどのようなタイトルなのか、ゲームの魅力とあわせて率直なレビューをご紹介しよう。

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』は、放射線に汚染されたチェルノブイリを探索するサバイバルホラー。ジャンルで見れば「ホラーゲーム」に位置するが、その実指定されたミッションを達成していく“アクションアドベンチャー”に近い。

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

作中では画面中央上部、左側から「HP」「ガイガーカウンター」「放射被ばく濃度」と3つのステータス指標が表示されており、暗黒の廃墟と徘徊するゾンビ、放射線の恐怖に怯えながら探索することに。ビビリの筆者にはこれがコワイコワイ…。

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

しかし、いくらホラーゲームが怖ろうとも、仕事であればそれをプレイするのがプロというものだ。生憎本作に関して言えば、それなりに開放感のあるマップが序盤から続くため、狭い施設をゆっくりと進むような恐怖感は薄い。

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

3Dグラフィックの基準は有料アプリの中ではまずまずな印象。綺麗過ぎてもスマートフォンへの負荷は懸念されるが…。作中では「廃墟の世界を描画する建物の小汚さ」「禁断の地に足を踏み入れているような空気感」など、荒廃した空間を要点的に演出しており、遊んでみるとかなり没入できた。

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

ゲームプレイにおけるプレイヤーの視点も恐怖の世界を煽る上で重要なキーポイントだろう。本作では“FPV(ファースト・パーソン・ビュー)”を採用しており、放射線が強いエリアの青々としたエフェクトがさらなる緊張感をもたらす。

ガンガン反応するガイガーカウンターと、ジワジワと増えていく放射線の被ばく量が、命の危機を知らせる危険信号として、遊び手の焦燥感をこれまた煽る煽る…。

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

ちなみに本作のゾンビは「走る」。プレイヤーを見つけると全力で駆け抜けてくるのだ。「ゾンビなんて『あー』と『うー』しか言えないトロい屍よ」そんな軽い気持ちでプレイしていると、一目散に駆けてくるゾンビたちに速攻でやられてしまう。

また、プレイヤーの発する音、ライトの光りを頼りに襲いかかってくるので、大人しくやり過ごすのが賢い選択でもある。しかし、この方法で慎重に遊ぶと余計に怖い。

放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!

「しゃがむ」「物音を立てずに行動する」「ライトを消す」確かにどれもゾンビを避ける有効な手段だ。ビビリの筆者は武闘派プレイで恐怖を乗り越えてしまったが、放射線を浴びたゾンビは流石に攻撃力も高め。脳筋プレイは回復アイテムを浪費するだけなので、個人的にはあまり推奨できない。

拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感

拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感

フィールド内には武器や回復アイテムが落ちているが、サバイバルアクションにおいてその数は有限である。だが、多少の無理をしてでも使わざるを得ない局面は出てくることだろう。万一の事態に備え、役立つアイテムを率先して探し求める探索は、サバイバルゲームの醍醐味だと思う。

拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感

どうしてもアイテムが足りない場合は「あえてゾンビを倒してみる」のも有効的な手段。資源を節約するため極力戦闘を避けるのがベターではあるが、倒したゾンビがちゃっかりアイテムをドロップなんてケースもある。

拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感

一応「クラフト要素」があるため、所有アイテムの総数は多い方が有利に攻略できる。しかも武器や衣類には耐久値が設定されており、補給なく無理な戦いを続ければ、確実に消耗していく。

ゾンビに放射線、装備品の耐久値と気にしなければならない要素は多いが、それゆえに感じられるサバイバル感は相当なもの。中でも本項で紹介している“枯渇する資源”には、終始頭を悩ませられるに違いない。

拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感

…と、ここまで偉そうなことを散々書き綴ってきたのだが、残念ながら筆者はあまり“サバイバルアクション”に触れてこなかった。だからリソースの管理技術は少なく見積もっても原始人クラスであり、案の定序盤からだいぶ消耗させられている。

回復アイテムも使い尽くし、手元に残るのは武器と絆創膏一枚。まるで無人島生活並みの手持ち無沙汰感で、進むのが困難なシーンも。

拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感

おまけに攻撃を受け続けたために衣類の損傷が激しく、気がつけば裸体を晒している始末だ。フィールド内は装備品を修復するアイテムも拾えるが、耐久値がゼロの装備品は当然修理ができない。なけなしの一張羅は無惨にも土へ還ってしまった。

いっそのこと手持ちのダクトテープを身体に巻きつけ、T.M.Rごっこに興じた方が衣類の耐久値などは気にならなくなりそうなものだが(※ そんなことはできません)。

拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感

チェルノブイリを巡る探索はまだまだ続くので、入手資源の使い道はある程度決めておいた方が良さそうだ。本作に登場するアイテムは決して潤沢とは言えない。そこから生まれる恐怖心・試行錯誤する楽しみも含めて、純度の高いサバイバルホラーを楽しんで頂けたらと思う。

プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』では、遠くでフラフラしているゾンビの呻き声、プレイヤーの足音や移動の息遣いなど、一人称視点ならではの音響効果に力を入れている。意外なのは、ホラーゲームなのにBGMらしきものが存在するという点。

プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

作中の没入感を削ぐ楽曲のようなBGMではないものの、違和感は全くない。どちらかと言えばBGMよりも環境音に近そうだが、「不気味さ」の演出に一役買っている。ちゃんとホラー要素は味わえるので、そこは安心して欲しい。

プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

ゲームでチェルノブイリが持つ“未知なる恐怖体験”を表現するのは、開発者たちも苦労した部分だろう。そして、「チェルノブイリ」と言えば1986年の事故以来35年以上の年月が経過しており、未だ足を踏み入れることもままならない禁忌のエリア。

プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

「廃墟×ゾンビ」の設定なら使い古された題材だと思われるが、本作では“放射線”とゾンビのウィルス感染ではなく、生物の遺伝子を破壊する根源的な危険性をも上手くテーマに入れている。作中の環境音を文章によって解説するのは難しいが、かなり異質なテイストになっていると思える。

プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

音声はゲームに対する評価が大きく変化するほど大切な要素。特に一人称というホラーゲームを最高に楽しめる環境で遊ぶ際、ヘッドフォン・イヤフォンの役割はかなり大きい。

本作はアプリストアの紹介文でもヘッドフォンを推奨している。荒廃したチェルノブイリの世界を視覚的な側面だけなく、耳からでも楽しんで欲しい次第だ。


エスケープ・フロム・チェルノブイリ

エスケープ・フロム・チェルノブイリ
iPhoneAndroid
Atypical Games
サバイバルホラー

本タイトルは買い切りアプリとなります➡iOS800円、Android540円で購入しプレイ可能

エスケープ・フロム・チェルノブイリの序盤攻略

エスケープ・フロム・チェルノブイリの序盤攻略

『エスケープ・フロム・チェルノブイリ』は、フィールドが立体的に入り組んでいるため、慣れるまで探索に時間がかかる。ただ、序盤はアイテム確保が大切なので、時間をかけて探索する方がかえって良い方向に働くだろう。

エスケープ・フロム・チェルノブイリの序盤攻略

また、エリアの中には「アイテムボックス」も用意されている。探索中は多くの武器を発見できるので、入手したら積極的に回収しておくと良い。インベントリが厳しそうであれば、ボックスへどんどん収納してしまおう。

エスケープ・フロム・チェルノブイリの序盤攻略

ゾンビがあまりいない場所、アイテムが多く拾えそうなルートは放射線濃度が大体濃い。移動中に放射線のエフェクトが発生したら、ガイガーカウンターと被ばく量を確認しつつ、無理に進行しないのが心がけておくポイント。もし回復ポイントが最寄りにあれば、それを頼りにするのもおすすめ。

エスケープ・フロム・チェルノブイリのレビュー、評価まとめ(総評)

エスケープ・フロム・チェルノブイリのレビュー、評価まとめ(総評)

スマートフォンで遊べるホラーゲームの中ではかなり手堅く作られており、グラフィックや世界観、音響へのこだわりを含めて満足度が高め。惜しいのは操作性の悪さで、ゾンビと対峙するバトルにおいてはかなり致命的になる。

エスケープ・フロム・チェルノブイリのレビュー、評価まとめ(総評)

バーチャルパッドの操作体系に問題はないが、立体的な構造物が多いアクションゲームなので、ゾンビがオブジェクトに引っ掛かっている姿を高い頻度で目撃する。ちょっとした段差に引っ掛かり、懸命に目の前のプレイヤーを襲おうとしている姿はかなり滑稽である…。

この現象は頻繁に起こり得るので、“ゾンビを段差に誘導したら一方的になぶり殺す”といった、マップ構造を利用した戦い方ができてしまいかねない。意図せずにも起こることから、ゲームのバランスを損なう明確な欠陥である。

エスケープ・フロム・チェルノブイリのレビュー、評価まとめ(総評)

また、攻撃がヒットしたのか分かりにくいのも問題点。先述の段差問題がここで作用しているのか、やや凹凸のある場所で接近戦が始まると、こちらの攻撃が至近距離で空振りしている場面も確認できた。場合によっては不意打ちの失敗にも繋がるので、早急に見直して欲しいところだ。

「クラフト要素×ゾンビ×サバイバル」ホラーゲームとしてそれなりにメジャーな組み合わせだが、スマートフォンの買切りアプリとしての品質はまずまず。たまにはソーシャルな世界から気分を一転させてみるのも良い機会だろう。

エスケープ・フロム・チェルノブイリの特徴
  • 放射線に汚染されたリアルな「チェルノブイリ」を探索する緊張感!
  • 拾える資源は“有限”。可能な限りリソースを節約するサバイバル感
  • プレイ時にはヘッドフォン推奨!死者の呻き声、廃墟に響く音響など、音へのこだわりも

エスケープ・フロム・チェルノブイリ

エスケープ・フロム・チェルノブイリ
iPhoneAndroid
Atypical Games
サバイバルホラー

本タイトルは買い切りアプリとなります➡iOS800円、Android540円で購入しプレイ可能

動画

エスケープ・フロム・チェルノブイリのアプリ情報

アプリタイトルエスケープ・フロム・チェルノブイリ
ジャンルサバイバルホラー
会社Atypical Games
配信日2018年8月12日
価格iOS800円、Android540円
対応機種ios9.0以降 /Android7.0 以上
サイズ2.2GB
レビュー日2022年11月20日

この記事を読んだ人におすすめの有料ゲームアプリ!

ドラゴンファングZ

ダンジョン攻略の新たな選択肢「ブレイブ」システム!

iOS版、Android版共に1,220円

  • 挑戦する度に姿が変わるダンジョン!
  • ダンジョン攻略の新たな選択肢「ブレイブ」システム!
  • 「ファング」をゲットしてロゼを大幅強化!

詳しく見る!


ダンジョン・ウォーフェア

MuseDash、攻略

iOS版370円 /Android版330円

  • VS冒険者! 悪役サイドのトラップ設置型TD
  • まとめて屠れ! 戦略的に難攻不落の要塞を作ろう!
  • 好きな罠を強化! 床・壁・障害物を使いこなせ!

詳しく見る!


デビラビローグ

ローグライトなデッキ構築型ラビリンス

iOS / Android版共に860円

  • 魔王を目指す良質な2Dドットアドベンチャー
  • ローグライトなデッキ構築型ラビリンス
  • 150種類以上の秘宝と戦略性の高いカードバトル

詳しく見る!


おすすめ有料ゲームアプリまとめを読む!

エスケープ・フロム・チェルノブイリのレビューと序盤攻略

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次