Pocket Build|サンドボックスで天地創造! 自由すぎてまるでキャンバスな3D箱庭シミュレーション!

買い切りで遊べるスマホゲームアプリ『Pocket Build』をプレイしてみたのでレビューと序盤攻略を掲載しています。『Pocket Build』はios120円/androidは無料でインストール可能。

目次

話題の新作一覧!

もっと見る

Pocket Buildってどんなゲーム?

2017年11月1日にMoonBear LTDよりサービスが開始されたスマホゲームアプリ『Pocket Build』はリソース無制限で世界を創造できるオープンワールド型の3D箱庭シミュレーションです。

建設待ち時間? ミッション? 本作には制約どころか目標すらもありません。あるのは自由と無限の可能性……何百種類ものアイテムを組み合わせてあなただけの小さなファンタジー世界を作り上げましょう!

Pocket Buildの特徴
  • モンスター設置OK! ファンタジー系箱庭ゲーム
  • サンドボックス標準搭載! 自由に世界を創造しよう!
  • 便利機能完備の360度鑑賞可能な3Dワールド

Pocket Build

Pocket Build
iPhoneAndroid
MoonBear
箱庭シミュレーション

タイトルはiOS120円、Androidは無料でインストール可能

Pocket Buildの評価

『Pocket Build』を遊んでみて実際に評価し、良い点とイマイチな点、どんな人におすすめできるゲームアプリなのかをまとめました!

ゲーム性(4.0)
グラフィック (4.0)
世界観 (3.0)
コンテンツ (3.5)
BGM (3.5)
総合評価 (4.0)
※評価の基準について
良い点イマイチな点
自由度が飛び抜けて高い
サンドボックス標準搭載
美しい3Dグラフィック
何から手を付けて良いか迷う
デフォルトが日本語ではない

こんな人におすすめ!

  • 自由度の高いゲームで遊びたい人
  • ずっと遊べるゲームを探している人
  • 箱庭ゲームが好きな人

Pocket Buildがどんなゲームなのか詳しく紹介!

ここからは『Pocket Build』がどんなゲームなのか特徴を詳しくレビューしていきますね!

モンスター設置OK! ファンタジー系箱庭ゲーム

モンスター設置OK! ファンタジー系箱庭ゲーム

『Pocket Build』は「世界」を沢山作れる天地創造シミュレーションゲーム!

戸惑うレベルの「自由」がそこにある……! 必要なのはあなたの「想像力」のみ。さあ、新世界の神になる準備はできましたか?  

モンスター設置OK! ファンタジー系箱庭ゲーム

オープンワールド&クエスト一切無しのエディター系ゲームである本作は、ゲームというよりもはやイメージを具現化するためのツールのような存在と言えるでしょう。

建物や自然はもちろんモンスターやドラゴンまで設置可能! まるでミニチュアで箱庭を作るように、はたまた絵を描くように、「小さなファンタジー世界」を創造できるんです!

サンドボックス標準搭載! 自由に世界を創造しよう!

サンドボックス標準搭載! 自由に世界を創造しよう!

遊び方は簡単! 3つのステップで世界のベースを決めたら後は自由にオブジェクトを設置するだけです。

世界の作り方

  1. 世界の初期状態を決める
  2. 世界の名前を決める
  3. サンドボックスモードにするかを決める

1つずつ解説していきますね!

①世界の初期状態を決める

サンドボックス標準搭載! 自由に世界を創造しよう!

まずはベースとなる土地のサイズを決めましょう。初期状態は以下の4種類から選べます。

初期状態

  • 白紙状態……本当に何も無いゼロスタート
  • ごくわずかの土地……小さな島くらいのサイズ
  • たくさんの空地……村や街を作りやすい手頃なサイズ
  • ポケットタウン……最初からある程度街並みがある

②世界の名前を決める

サンドボックス標準搭載! 自由に世界を創造しよう!

これから生まれる世界に名前を付けましょう。無数に創造できる世界を区別するための目印になります。

③サンドボックスモードにするかを決める

サンドボックス標準搭載! 自由に世界を創造しよう!

本作は無限のリソースで自由に創造活動ができる「サンドボックスモード」が標準搭載されているのが特徴です。サンドボックスモードをオフにして食糧や資材を稼ぎながら世界を作る楽しみ方もできますよ!

便利機能完備の360度鑑賞可能な3Dワールド

便利機能完備の360度鑑賞可能な3Dワールド
ぴり

最大の魅力は、素晴らしい3Dグラフィックエンジン!

世界は2本の指を使って360度回転できあらゆる角度から鑑賞が可能。1人称コントロールモードを使えば住人目線で人物を移動させたり木を切って素材採取したりもできるんです!

便利機能完備の360度鑑賞可能な3Dワールド

公開されている他プレイヤーが作った世界をまるごとコピーする事も。天才が多すぎて注目のワールドを眺めているだけで感嘆のため息が……!

便利機能完備の360度鑑賞可能な3Dワールド

昼夜の時間帯固定や、タッチ削除、アイテムロック、UI非表示、自動カメラ、自動スタッキングなど、数えきれないほどの便利機能で思う存分創造と鑑賞を楽しんでみて下さい!

Pocket Buildの序盤攻略

Pocket Buildの序盤攻略
ぴり

日本語設定を忘れずに!

まず最初に設定(SETTINGS)>言語(LANGUAGE)と進み、文字設定を日本語に直しましょう。デフォルトが日本語ではないので設定しないと英語のままチュートリアルが始まってしまいます。

Pocket Buildの序盤攻略

目標が無く自由度が高すぎる本作には攻略と呼べるほどの遊び方はありません。新世界は気軽に何個も作れるので色々試してみて下さい。いつでも自由に切り替えが可能です。

Pocket Buildの序盤攻略

本作はリリースから数年経っていますが実はまだ製作途中のゲームです。

ゲーム内より進捗状況と今後のアップデート予定が閲覧でき、最終的には電車などの近代交通手段や、ゾンビと戦えるバトルモードを実装する予定なのだとか。

サブスクリプション課金で開発を応援する事もできるので気になった方はぜひチェックしてみて下さい。


Pocket Build

Pocket Build
iPhoneAndroid
MoonBear
箱庭シミュレーション

タイトルはiOS120円、Androidは無料でインストール可能

Pocket Buildを実際に遊んだ感想まとめ

Pocket Buildを実際に遊んだ感想まとめ
ぴり

可能性無限大! アイディアを全て形にできる!

ファンタジー世界がコンセプトの作品ですが、自由度が高すぎてアイテムの組み合わせ次第で宇宙だって創造できてしまう!?

おすすめはサンドボックスモード! 数百種類のアイテムを無制限に使えるのがかなり楽しいです!

既にこんなにクオリティが高いのにこれからもコンテンツが追加され続ける喜び。海外産なので仕様の違いに若干面食らうシーンはありますが、それを差し引いても遊ぶ価値は十分にありますよ!

Pocket Buildの特徴
  • モンスター設置OK! ファンタジー系箱庭ゲーム
  • サンドボックス標準搭載! 自由に世界を創造しよう!
  • 便利機能完備の360度鑑賞可能な3Dワールド

Pocket Build

Pocket Build
iPhoneAndroid
MoonBear
箱庭シミュレーション

タイトルはiOS120円、Androidは無料でインストール可能

Pocket Buildのプレイ動画

Pocket Buildのアプリ情報

アプリタイトルPocket Build
ジャンル箱庭シミュレーション
会社MoonBear
配信日2017年11月1日
価格基本無料(ゲーム内課金あり)
対応機種ios13.0以降 /Android6.0 以上
サイズ434.5MB~
レビュー日2022年4月7日

この記事を読んだ人におすすめの有料ゲームアプリ!

ドラゴンファングZ

ダンジョン攻略の新たな選択肢「ブレイブ」システム!

iOS版、Android版共に1,220円

  • 挑戦する度に姿が変わるダンジョン!
  • ダンジョン攻略の新たな選択肢「ブレイブ」システム!
  • 「ファング」をゲットしてロゼを大幅強化!

詳しく見る!


ダンジョン・ウォーフェア

MuseDash、攻略

iOS版370円 /Android版330円

  • VS冒険者! 悪役サイドのトラップ設置型TD
  • まとめて屠れ! 戦略的に難攻不落の要塞を作ろう!
  • 好きな罠を強化! 床・壁・障害物を使いこなせ!

詳しく見る!


デビラビローグ

ローグライトなデッキ構築型ラビリンス

iOS / Android版共に860円

  • 魔王を目指す良質な2Dドットアドベンチャー
  • ローグライトなデッキ構築型ラビリンス
  • 150種類以上の秘宝と戦略性の高いカードバトル

詳しく見る!


おすすめ有料ゲームアプリまとめを読む!

Pocket Buildのレビューと序盤攻略

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次