【評価&レビュー】『ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)』冒険の舞台は海×陸。終末海洋オープンワールドサバイバルRPG!

ミスティックアビス:遺失海域のレビューと序盤攻略

この記事では無料で遊べるスマホゲームアプリ『ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)』を実際にプレイしゲームが気になっている方に向けて分かりやすく解説しています。

注目の新作一覧👀

幻想神域2

6月18日配信

鳴潮

5月23日配信

もっと見る

目次

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)』は、NETEASE INTERACTIVE ENTERTAINMENT PTE. LTDからリリースされた終末海洋オープンワールドサバイバルRPG

」を舞台にした広大なフィールドと、終末世界で織りなされる組織間の物語、さらに数々のスマートフォンゲームを配信してきたネットイースらしい自由なゲーム性で構成されている。陸・海上・海中をシームレスに探索できるユニークなタイトルだ。

\ 実際に遊んだ評価 /

ゲーム性(3.5)
グラフィック (3.0)
世界観 (4.0)
コンテンツ (4.0)
BGM (4.0)
総合評価 (3.7)
※評価の基準について
Apple Store(5.0)Google Play(4.0)
良い点イマイチな点
広大な海を探索できるワールドマップ
主人公として入り込める物語設定
自由度の幅広さ
要所で粗が目立つ

こんな人におすすめ!

  • 海が好きな人
  • オープンワールド系のタイトルが好きな人
  • 自由度の高いゲームが好きな人

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)

ミスティックアビス:遺失海域
iPhoneAndroid
NETEASE INTERACTIVE ENTERTAINMENT
终末海洋オープンワールドサバイバルRPG

ここからは『ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)』がどんなゲームなのか特徴別に詳しくレビューしていこう。

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)とは?

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)』は、2023年6月1日にNETEASE INTERACTIVE ENTERTAINMENT PTE. LTDから配信された終末海洋オープンワールドサバイバルRPG

多くの陸地が海底に沈んだ世界で目を覚ましたプレイヤーは、未知の変異生物や敵対する組織との戦いに身を投じていく。海中でハウジングを楽しんだり、仲間とダンジョンに繰り出したり、広大な海を探索するといった自由度の高い一作品だ

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)の特徴
  • 「海」を舞台にした神秘的で広大なワールド
  • 終末の世界で繰り広げられる組織間の抗争と入り組んだ要素の数々
  • ネットイースらしい幅広くてオープンなゲーム性

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)のゲーム内容を徹底レビュー

「海」を舞台にした神秘的で広大なワールド

「海」を舞台にした神秘的で広大なワールド

終末世界」を題材としたスマートフォン向けのオープンワールドが数多く存在する中、明確に“海”を主役に据えたタイトルは、恐らく本作くらいのものではないだろうか。

『ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)』では、一部の陸地が海底へ沈んでしまった退廃的な世界を舞台にしている。

「海」を舞台にした神秘的で広大なワールド

海の世界は時に荘厳で美しい。青々とした清い海、廃ビルと海洋生物の奇妙なコントラストが、まるで未来のアトランティスを探索しているような心持ちになる。

昨今の3Dゲーム基準で見ると、控え目で荒々しいグラフィックなのは否定できない事実だ。それでも本作ならば、神秘的な光景が広がる海中世界を余すことなく体験できるだろう。

「海」を舞台にした神秘的で広大なワールド

海中・海上と「海」での冒険をメインテーマにしているとはいえ、全く地上が無いわけではない。小さな孤島程度の面積で、ゲーム内の海と比べるのも分不相応だが、やや現実味に欠けてしまう海の世界よりは、終末世界であることが如実に体感できる

どちらも「世界観」を構築する上では必要不可欠なロケーションだ。唯一残された地上と言っても良くて、空が見える空間はやはり開放感を感じずにはいられない。

「海」を舞台にした神秘的で広大なワールド

地上と海はシームレスに接続されていて、フィールド全体が立体的な構造になっているのが特徴的。地上・海上では孤島の探索から海賊との戦闘、海上基地を拠点に多数のクエストが受注可能だ。

海にはさまざまなトレジャーが隠されていたり、世界の秘密を解き明かす「遺跡」なども存在している。深海生物と戦闘する場合もあって、地上とはまた異なるスリルが溢れていた。これらを自由に行き来できる新鮮な体験が本作ならではと言えよう。

終末の世界で繰り広げられる組織間の抗争と入り組んだ要素の数々

終末の世界で繰り広げられる組織間の抗争と入り組んだ要素の数々

ゲーム冒頭、謎の研究所で目覚めた主人公は、沿岸警備隊の「シーア」と名乗る女性に導かれるまま施設からの脱出を決行する。

研究所では正体不明の“結晶”に侵食された被験者らしき者たちが徘徊しており、後に聞ける話の限りでは、どうやらこの世界に安住の地など無いというのだ。

終末の世界で繰り広げられる組織間の抗争と入り組んだ要素の数々

作中では荒廃した世界で人々が安全に暮す世界を作り上げようとしている沿岸警備隊と、彼らとは対照的に、16世紀の海賊時代を彷彿とさせる無法者集団「黒潮」との抗争を描く。

プレイヤーにとって主要な敵対組織でもある黒潮は、略奪と襲撃を繰り返すいわゆるギャングであり、沿岸警備隊との抗争に巻き込まれる形で彼らと対峙していくことになる。

終末の世界で繰り広げられる組織間の抗争と入り組んだ要素の数々

本作は個性的なキャラクターとの出会いから随所で見られるSF感満載な未知のテクノロジー、海に沈む正体不明の遺跡など、あらゆる要素が物語の要素として詰め込まれている。

話の広がり方も壮大で、単なる組織同士の争いといったものではない。そこには“海が広がる終末の惑星”で巻き起こった、弱肉強食かつ倫理観の欠けた厳しい世界が根ざしているのだ。

終末の世界で繰り広げられる組織間の抗争と入り組んだ要素の数々

また、黒潮と沿岸警備隊の戦いにも目をくれず、海に潜む変異生物たちは無差別な攻撃と破壊を繰り返し続ける。

物語ではこのように数々の入り組んだ事情が1つのドラマを形成していて、プレイヤーは紛うことなきその世界の主人公「浄化者」になりきれる。劇中で1つの要素を紐解くだけでも膨大な時間がかかりそうだが、そこは今後の展開に期待しておきたい。

ネットイースらしい幅広くてオープンなゲーム性

ネットイースらしい幅広くてオープンなゲーム性

オープンワールドのフィールドでは他のプレイヤーたちと出会う場面が多い。感覚的にはMMORPGライクな作りになっていて、ソロプレイヤーが1人広大な世界を自分の物にしているわけではない。

リアルタイムでの共闘やコミュニケーションも可能といったところだ。他のオープンワールドシューターに通ずるものがあるだろう。

ネットイースらしい幅広くてオープンなゲーム性

ダンジョンのマッチングは自動的に行われ、ギルドやフレンドがいなくても特に問題はない。アクションシューターであるため、MMOのようにロールプレイを意識する必要もなさそうだ

弾薬、回復アイテムはプレイヤーが所持しているものを利用するのが基本。事前準備を怠らなければ気軽にマルチが楽しめるのでハードルは低い

ネットイースらしい幅広くてオープンなゲーム性

オープンワールドサバイバルなら欠かすことができない建設要素も当然用意されている。海の中で自分の家を作り上げるのは夢があっていいものだ。

ただ、海の中では当たり前のように「酸素」を前提として行動する。開放的な自宅にしてしまうと調理台は使用できないし、自宅で窒息しかねないので注意が必要だ。

ネットイースらしい幅広くてオープンなゲーム性

海上、海中をビークルで散策したり、特殊部隊の如く自力で泳いで黒潮の船に乗り込むといった自由奔放な遊び方もできたりする。

メインクエストやサブミッションは豊富に用意されているが、縛りの少ない遊びを謳歌できるのが実にネットイースらしい。自分なりの楽しみ方を見つけられるプレイヤーには、さぞかし琴線に触れるタイトルだ。


ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)

ミスティックアビス:遺失海域
iPhoneAndroid
NETEASE INTERACTIVE ENTERTAINMENT
终末海洋オープンワールドサバイバルRPG

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)の序盤攻略

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)の序盤攻略

ダンジョンが開放されるまではチュートリアル色が色濃い。まずはメインクエストを進めて各コンテンツへ自由にアクセスできる状態にしておきたい。プレイヤーのレベルを上げておくことも重要なので、チャレンジできるサブミッションなどは積極的にこなしておこう。

リセマラは非推奨。ムービー挿入や会話、ロケーションの移動など、とにかくゲームプレイに時間がかかる設計のためオススメできない。

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)の事前登録特典

事前登録者数1000万人を突破した『ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)』では事前登録特典として下記がプレゼントされる。

  • 焼き海ガニ×10個
  • 淡水×20個
  • バッグ容量拡張アイテム×1個
  • 探検バッグ×1個
  • アニマガチャ券×2
  • 装備ガチャ券×2
  • アクアマリン×1,200

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)のレビュー、評価まとめ(総評)

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)のレビュー、評価まとめ(総評)

触りとして悪くないタイトルだが、人によっては海の閉鎖感が苦しいと感じる人もいるかもしれない。常に海にいるわけではないし、地上・海上とも隣り合わせになるため、遊んでみると意外に受け入れられたというプレイヤーは多そうだ。

グラフィックの粗さ、アクションの雑さは気になるところだが、「海」を舞台にした体験は目を見張るものがあるだろう。好みがハッキリ分かれるタイトルなので万人ウケは難しい。

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)の特徴
  • 「海」を舞台にした神秘的で広大なワールド
  • 終末の世界で繰り広げられる組織間の抗争と入り組んだ要素の数々
  • ネットイースらしい幅広くてオープンなゲーム性

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)

ミスティックアビス:遺失海域
iPhoneAndroid
NETEASE INTERACTIVE ENTERTAINMENT
终末海洋オープンワールドサバイバルRPG

動画

ミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)のアプリ情報

アプリタイトルミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)
ジャンル終末海洋オープンワールドサバイバルRPG
会社NETEASE INTERACTIVE ENTERTAINMENT PTE. LTD
配信日iOS:2023年6月1日
Android:2023年6月1日
価格基本無料(ゲーム内課金あり)
公式サイトミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)公式サイト
公式Twitterミスティックアビス:遺失海域(ミスアビ)公式Twitter
対応機種iOS10.0以降 /Android5.0 以上
サイズ2.9GB~
レビュー日2023年6月2日

この記事を読んだ人におすすめのRPG!

月ウサギのそだてかた

豪華アニメ演出! シンプルなターン制コマンドバトル

月ウサギの戦いを描いた放置系RPG

  •  かわいい月ウサギを育てて「夜」に立ち向かう!
  • 放置も手動もサクサク楽しい迫力のバトル
  • 武器も能力も充実の強化システム

詳しく見る!


エリオスライジングヒーローズ

魔女狩りの塔のレビューと序盤攻略

個性豊かなイケメンヒーロー多数登場!

  • 司令官となって街の平和を守るヒーロー育成RPG
  • 4つのセクターに分かれた個性豊かなヒーローたち
  • 絆を繋いで勝利を掴め!連携が熱いコマンド式バトル

詳しく見る!


エグゾスヒーローズ

エグゾスヒーローズ、キャラ育成

神秘的なファンタジーの世界を冒険

  • スマホ最高峰のグラフィックで爽快バトル!
  • 美麗イラストで描かれた個性的なキャラが200種類も
  • バトルとキャラ育成がシンプルなのに面白い!

詳しく見る!


おすすめRPGまとめを読む!

ミスティックアビス:遺失海域のレビューと序盤攻略

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次