【評価&レビュー】『神之塔:NEW WORLD』アニメ化も果たした韓国の人気ファンタジー作品を題材としたフル3D放置型RPG!

神之塔:NEW WORLDのレビューと序盤攻略

この記事では無料で遊べるスマホゲームアプリ『神之塔:NEW WORLD』を実際にプレイしゲームが気になっている方に向けて分かりやすく解説しています。

注目の新作一覧👀

機兵とドラゴン

4月8日配信

星になれ

4月2日配信

ブラステ

4月1日配信

ハイフラ

3月28日配信

もっと見る

目次

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

神之塔:NEW WORLD』は、Netmarbleから配信されたフル3D放置型RPG。韓国発の人気ファンタジー漫画『神之塔』を題材とした作品で、原作のストーリーを追体験できる。

アニメ版を忠実に再現した見応えある3DCGと、必殺技の演出がカッコいい手軽なバトルシステム、放置ゲームらしい横道系コンテンツなど、放置系RPGの中では一際目立つクオリティの高さを誇っている。

\ 実際に遊んだ評価 /

ゲーム性(3.0)
グラフィック (5.0)
世界観 (4.0)
コンテンツ (3.5)
BGM (4.0)
総合評価 (3.9)
※評価の基準について
Apple Store()Google Play(3.4)
良い点イマイチな点
アニメ版を忠実再現した美しい3DCG
オートでわちゃわちゃ乱闘バトル
王道系コンテンツと飽きにくい仕掛け
サブコンテンツの開放までが長め

こんな人におすすめ!

  • 『神之塔』が好きな人
  • アニメや漫画が好きな人
  • 本格的な放置ゲームを遊びたい人

神之塔:NEW WORLD

神之塔:NEW WORLD
iPhoneAndroid
Netmarble
フル3D放置型RPG

ここからは『神之塔:NEW WORLD』がどんなゲームなのか詳しくレビューしていこう。

神之塔:NEW WORLDとは?

神之塔:NEW WORLD』は、2023年7月26日にNetmarbleから配信されたフル3D放置型RPG。日本国内でもLINE漫画での連載や、アニメ版の放映で根強いファンを持つ人気作品を題材としたアプリゲームになっている。

原作漫画・アニメ版とは異なり、新たな登場人物(プレイヤー)の視点から主人公・夜の冒険を追体験する、変わったシナリオ展開が魅力的。アニメ調の3Dグラフィックも本作を象徴する最大の特徴だ。

神之塔:NEW WORLDの特徴
  • アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む
  • オートでわちゃわちゃ乱闘バトル。必殺技の演出もカッコいい
  • 放置ゲームらしい横道系コンテンツの数々と飽きにくい独自の仕掛け

神之塔:NEW WORLDのゲーム内容を徹底レビュー

アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む

アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む

韓国発の縦読みコミックス「WEBTOON(ウェブトゥーン)」にて、全世界60億PVを誇る人気ファンタジー作品こそが『神之塔(かみのとう)』。

同作はその人気と知名度の高さからアニメ版『神之塔 -Tower of God-』が過去放映されており、ゲームはアニメ版を意識したビジュアルにておくる。

アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む

『神之塔』は、主人公・夜にとってかけがえのない友だった少女・ラヘルを探しに、数々の試練が待ち受ける「」を登り続けていくストーリーだ。

頂上にたどり着いた者はあらゆる望みが叶うとされ、作中では個性豊かなキャラクターたちが試練に臨みながら冒険を重ねる。裏切りと友情が交錯する濃密な人間ドラマが人気を博したファンタジー冒険譚となっている。

アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む

WEBTOONの“縦読み”を意識したのか、ゲーム画面も縦向き仕様になる本作。中でも目につくのは、やはり昨今トレンディなアニメ調のフル3DCGモデリングだろう

原作付き(特にアニメ化作品)のアプリゲームは、物語の追体験をメインコンテンツとして軸足に置く。触れたプレイヤーたちがまるでアニメ作品をそのまま視聴しているかの如く、色濃いストーリーを提供するのだ。本作も作風の構造としてはそこに類している。

アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む

しかしながら、原作漫画が公開されたのは2010年ごろでアニメ版はその2020年ごろ。スパンは離れつつも、原作視聴者がアニメを見る、あるいはアニメ視聴者が原作を読むといった流れが普通に考えれば生まれていることだろう。

そのことを意識したかどうかは知る由もないが、本作は単なる追体験だけに留まらず、主人公・夜の旅路を追うもう1人の登場人物として、プレイヤーがこの世界に登場する。作品を知らない人、既に知っている人の両者に対してアプローチをかけたワケだ。

アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む

物語本編の追体験でありながら、プレイヤーがその世界を巡っていくイレギュラーな存在として君臨しており、目新しい追体験のカタチになっているのが新鮮。

キャラクターデザインとキャスト陣はアニメ版からそのまま続投していて、忠実な再現度を誇る。ここはファンにとっても嬉しい配慮。とりわけ演出部分はこと細かく拘っていたと思える。放置ゲームらしからぬクオリティに惹かれるプレイヤーは多そうだ。

オートでわちゃわちゃ乱闘バトル。必殺技の演出もカッコいい

オートでわちゃわちゃ乱闘バトル。必殺技の演出もカッコいい

3DCGの美しさについ意識がつられてしまいがちだが、何を隠そう本作は放置ゲームなのである。公称ジャンルは「フル3D放置型RPG」。謳い文句は放置ゲームの“怪物”としている。

実際、本作ほどのクオリティ水準で放置ゲームと言えるようなタイトルはそうそうないだろう。これはある意味でNetmarbleの挑戦とも受け取れる。

オートでわちゃわちゃ乱闘バトル。必殺技の演出もカッコいい

スマホ向けMMORPGならば自動化率高めのオート機能で、「実質的に見映えの良い放置ゲーム」と表現できるタイトルは少なくない。ただ、あくまでMMOというスタンスで提供されているため、狭義の意味では放置ゲームに分類すべきではないのかもしれない。

その点、バトル&放置収益のサイクルで遊ぶ一般的な放置系RPGにおいては、3Dタイトルがあったとしてもビジュアルのパワーが弱めだ。つまり本作は潤沢な資金を投じて作ったガチな放置系RPGと、俗っぽくも明確な相違点をアピールできるこだわりようである。

オートでわちゃわちゃ乱闘バトル。必殺技の演出もカッコいい

放置ゲームなので戦闘はオートバトルで進行していく。スキルの発動に関してはプレイヤーが任意で行えるセミオート方式を採用した。

2倍速でサクサクバトルが繰り広げられ、最大5人ものキャラクターたちがところ狭しと乱闘騒ぎの要領で戦う姿は壮観の一言。必殺技の演出はアニメ調グラフィックの利点を活かし、カメラワークとエフェクトに“かっこいい”が突き詰められていた。

オートでわちゃわちゃ乱闘バトル。必殺技の演出もカッコいい

バトル開始前のパーティ編成がとりわけ重要で、属性相性によるダメージ増減が明瞭。相性が良ければダメージは2倍、悪ければ半減とルールも極めてシンプルだ。さらに同じ属性のキャラクターを複数編成することで得られるバフ効果の作用も大きい

また、陣形にレベルが充てられている関係で、キャラクターが育っていなくても即戦力になれるのが本作。RPGにしてはやや特殊なレベルの仕様だが、このおかげでパーティ編成の自由度は非常に高いのだ。手軽に組み替えられる親切設計となっている。

放置ゲームらしい横道系コンテンツの数々と飽きにくい独自の仕掛け

放置ゲームらしい横道系コンテンツの数々と飽きにくい独自の仕掛け

本作は基本的な放置ゲームの流れを汲んでおり、ステージ攻略に詰まったらキャラクター育成などを進める横道の分岐が複数用意されている

スマホゲームなのでガチャを引いても良いし、育成可能であればお気に入りのキャラクターを強化しても良いだろう。ステージを進めていけば、取れる選択肢はさらに増えていくというものだ。

放置ゲームらしい横道系コンテンツの数々と飽きにくい独自の仕掛け

しかしそうは言ったものの、この辺りはその他大勢の放置ゲームにおいて共通しているポイントなので珍しくもない。だからここで先に私見を述べさせて頂きたい。筆者の経験上もっとも放置ゲームで懸念するのが、単純に“飽きやすい”といったところだ。

例えばストーリーも冒頭だけ存在している簡単なものが多く、引き続き遊びたくなる仕掛けが少ないのが実情である。『神之塔:NEW WORLD』では第1部までのシナリオを収録しているとのことだが、ただの追体験ではないのが興味付けのフックになっていた。

放置ゲームらしい横道系コンテンツの数々と飽きにくい独自の仕掛け

ステージが進むと敵が強くなり、他のコンテンツにチャレンジしなければならない状況が生まれてくる。それはゲーム攻略の導線として当たり前でもあるのだが、やはりそれだけだと正直物足りないのだ。

“難しいステージを突破してもまたさらに難しいステージへと進むだけ”。そんなネガティブな悪循環が発生して、プレイヤー心理的には「もういいや」となる人もきっと居る。本作の【ストーリーモード】はその現象を補ってくれていたりする。

放置ゲームらしい横道系コンテンツの数々と飽きにくい独自の仕掛け

リリース時点は第1部までを収録しているので、今後は続きの第2部、あるいはイベントといった具合にオリジナルストーリーについて期待しておきたい。

アリーナ】【占領戦】【模擬戦闘室】といったサブコンテンツや、報酬が美味しい【ランキングボード】など、意識したい要素はそれなりの数だ。継続的にプレイヤーたちが遊び続けてくれるかはNetmarbleの手腕によるところが大きいとも言えるだろう。


神之塔:NEW WORLD

神之塔:NEW WORLD
iPhoneAndroid
Netmarble
フル3D放置型RPG

神之塔:NEW WORLDの序盤攻略

神之塔:NEW WORLDの序盤攻略

まずは【ストーリーモード】を進める関係で【冒険】を攻略していくことになる。本作は物語を見るためにある程度のステージ数をクリアしなければシナリオが読めない。推奨戦力が足りなくて勝てない場合には放置収益を待つのもアリだ

リセマラは推奨したい。SSRの恩恵が強い上に20回〜30回のガチャを引ける。リセマラ1回にかかる時間も12分程度なので、欲しいキャラクターがいる場合には推奨。

神之塔:NEW WORLDの事前登録特典

『神之塔:NEW WORLD』では事前登録特典として下記がプレゼントされる。

  • 通常召喚チケット×10
  • SSR「二十五日の夜」

神之塔:NEW WORLDのレビュー、評価まとめ(総評)

神之塔:NEW WORLDのレビュー、評価まとめ(総評)

放置系RPGジャンルの中で作り込みが明瞭に感じ取れるタイトルは珍しい。少なくとも筆者の体感ではトップクラスの放置ゲームだ。品質を見れば確かに怪物的ではある。気になるのはスマートフォンの要求スペックくらいだろう。

設定からいくらでも弄れる部分だが、手軽さがウケている放置ゲームにおいて、端末が熱を持ちやすいという部分は心配である。

神之塔:NEW WORLDの特徴
  • アニメ版を忠実再現!美しいフル3DCGが『神之塔』の世界へ引き込む
  • オートでわちゃわちゃ乱闘バトル。必殺技の演出もカッコいい
  • 放置ゲームらしい横道系コンテンツの数々と飽きにくい独自の仕掛け

神之塔:NEW WORLD

神之塔:NEW WORLD
iPhoneAndroid
Netmarble
フル3D放置型RPG

動画

神之塔:NEW WORLDのアプリ情報

アプリタイトル神之塔:NEW WORLD
ジャンルフル3D放置型RPG
会社Netmarble
配信日iOS:2023年7月26日
Android:2023年7月26日
価格基本無料(ゲーム内課金あり)
公式サイト神之塔:NEW WORLD公式サイト
公式Twitter神之塔:NEW WORLD公式Twitter
対応機種iOS12.2以降 /Android6.0 以上
サイズ255MB~
レビュー日2023年7月27日

この記事を読んだ人におすすめのRPG!

月ウサギのそだてかた

豪華アニメ演出! シンプルなターン制コマンドバトル

月ウサギの戦いを描いた放置系RPG

  •  かわいい月ウサギを育てて「夜」に立ち向かう!
  • 放置も手動もサクサク楽しい迫力のバトル
  • 武器も能力も充実の強化システム

詳しく見る!


エリオスライジングヒーローズ

魔女狩りの塔のレビューと序盤攻略

個性豊かなイケメンヒーロー多数登場!

  • 司令官となって街の平和を守るヒーロー育成RPG
  • 4つのセクターに分かれた個性豊かなヒーローたち
  • 絆を繋いで勝利を掴め!連携が熱いコマンド式バトル

詳しく見る!


エグゾスヒーローズ

エグゾスヒーローズ、キャラ育成

神秘的なファンタジーの世界を冒険

  • スマホ最高峰のグラフィックで爽快バトル!
  • 美麗イラストで描かれた個性的なキャラが200種類も
  • バトルとキャラ育成がシンプルなのに面白い!

詳しく見る!


おすすめRPGまとめを読む!

神之塔:NEW WORLDのレビューと序盤攻略

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次