【評価&レビュー】『青雲の契り』波乱万丈の宮廷物語。男尊女卑残る大啓時代で「女官」を目指す王朝と運命を契る育成RPG!

青雲の契りのレビューと序盤攻略

この記事では無料で遊べるスマホゲームアプリ『青雲の契り』を実際にプレイしゲームが気になっている方に向けて分かりやすく解説しています。

注目の新作一覧👀

機兵とドラゴン

4月8日配信

ハイフラ

3月28日配信

ストD

3月27日配信

ちゃんごくし!

3月26日配信

もっと見る

目次

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

青雲の契り』は、Future Interactive Limitedが配信した王朝と運命を契る育成RPG。女性も官員になれる古代宮廷の時代を舞台に立身出世を目指していく。声優のM・A・Oさん、諏訪部順一さんら豪華声優陣が織りなす愛憎渦巻く宮廷物語が特徴のRPG。

没入感の高いドラマティックなストーリー、プレイヤーの心を揺さぶる魅力的なキャラクターたち、男尊女卑の厳しい空気が残る古代宮廷の時代を多角的に描写する美しいビジュアルデザインなど、好きな人にはピンポイントで刺さるアプリゲームとなっている。

\ 実際に遊んだ評価 /

ゲーム性(3.5)
グラフィック (3.0)
世界観 (4.0)
コンテンツ (4.0)
BGM (4.0)
総合評価 (3.7)
※評価の基準について
Apple Store(3.4)Google Play(3.2)
良い点イマイチな点
アニメ・ボイス・イラストで彩る世界観
見入ってしまうドラマのような物語
バトルに着せ替え、交流要素もアリ!
キャラデザが告知の仕様と相違している

こんな人におすすめ!

  • 時代劇モノが好きな人
  • サブコンテンツが豊富な作品に惹かれる人
  • 物語重視なゲームを探している人

青雲の契り

青雲の契り
iPhoneAndroid
Future Interactive Limited
王朝と運命を契る育成RPG

青雲の契りとは?

2023年2月16日にFuture Interactive Limitedがリリースしたアプリゲーム『青雲の契り』。差別や偏見が残る古代宮廷のとある時代背景のさなか、「女官」を目指す少女を描いたRPG。公称ジャンルは王朝と運命を契る育成RPG

豪華声優陣が演じるイケメンキャラクターたちとの交流要素や時代劇モノのように見入ってしまうメインストーリーなど、確かなコダワリが感じられるタイトル

青雲の契りの特徴
  • 味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現
  • イジワル皇子との駆け引きや、男尊女卑の宮廷から成り上がる物語!
  • 着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

青雲の契りのゲーム内容を徹底解説

ここからは『青雲の契り』がどんなゲームなのか特徴別に詳しくレビューしていこう。

味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現

味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現

青雲の契り』の世界を一言で言うならば“時代劇”。それは日本ではない他国の東洋史がベースになっていると考えられる(勉強不足で恐縮である)。時代劇と言えば概ね日本史を想像しがちだが、そうでないのは新鮮だ。

そしてキャラクターデザイン、背景イラストは水墨画タッチの味わい深さがある。少々ニッチな視点のタイトルだが、ゲーム内のビジュアルは作り手の意図が感じられるだろう。

味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現

しかしながら、今どき時代錯誤な「宮廷ロマン」を取り入れたのはどういったプレイヤー層をマーケットにしているのかが不明。それでも、若年層がその世界に没入しやすい工夫でモダンな試みも確認できた。

例えばADVパートのキャラクターアニメーションだったり、物語中に挟まれるアニメだったりと、昨今、当たり前になってきた要素を一通り揃えているのは好感触になるのではないだろうか。

味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現

また、先述した通りそれらのビジュアル表現には“味”があり高品質。ビジュアルタッチで世界観の統一をただ図るだけではなく、スマホゲームのトレンディな表現技法を織り交ぜるからこそのクオリティだ。

特にガチャ演出のムービーシーンは演出時間が長いものの、本作の全てを凝縮したような魅せる演出。このガチャ演出を見るためだけに20分近い冒頭を遊ぶ価値はあると思えた。

味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現

古代王朝を題材にした作品はテレビドラマで知られるものが多いだろう。その点本作に関して言えば“ゲームアプリ”の立ち位置で、メディア媒体としての目新しさはありそうだ。

テーマそのものは使い古されているが、イラストやアニメ、人気声優陣で今風に飾られれば、広い視点で古代王朝の厳しい時代を描写できていると言える。

味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現

キャストはいずれも実力派揃いで、女性主人公にM・A・Oさん、男性主人公に諏訪部順一さんを起用。

さらに本渡楓さんや前野智昭さんなど、アニメ好きなプレイヤーなら聞き漏らさない人気声優陣が勢揃い。案外時代劇と関わりが薄い人でもすんなり激情の物語を楽しめてしまう。

イジワル皇子との駆け引きや、男尊女卑の宮廷から成り上がる物語!

イジワル皇子との駆け引きや、男尊女卑の宮廷から成り上がる物語!

ありがちな部分的なボイス収録と異なり、メインストーリーはフルボイス。長編のシナリオを人気声優たちが彩るのは物語も映えることだろう。

ローカライズも非常に丁寧で優秀な脚本家が書き直しているのではないかと勘ぐってしまうレベルだ。前項で紹介したビジュアルも相まって物語には引き込まれやすい。

イジワル皇子との駆け引きや、男尊女卑の宮廷から成り上がる物語!

物語では「女官」を目指して宮廷の仕事に邁進し、徐々に成り上がる過程を描いている。しかし、女性のキャリアアップを快く思わない人物も多く、その道のりは険しい。

応援してくれる者もいる一方で、女性の社会進出がまだまだ浸透しきっていない世知辛い世の中だ。

イジワル皇子との駆け引きや、男尊女卑の宮廷から成り上がる物語!

ADVパートには選択肢が登場することもあり、プレイヤーに行動の選択権が託されている。もちろん会話の中身は変化するし、没入感の高さゆえに選択肢に悩んでしまう。

筆者は紛うことなき男性だが、選択肢一つで偏見に満ちた物言いを高位のイジワル皇子からされたとき、やるせない気持ちと悔しさで女性主人公にガッツリ感情移入した。

イジワル皇子との駆け引きや、男尊女卑の宮廷から成り上がる物語!

時代も時代なので平和とは言い切れず、陰謀渦巻くドロドロした事件も巻き起こる。主人公は果敢に臨むも、横槍を入れてくるのは結局“男性至上主義”の連中ばかりである。

主人公とプレイヤーが二人三脚で味わう屈辱はかなりのもの。それこそ歴史物テレビドラマにおける陰鬱とした空気感だ。そんな世界で成り上がろうと努力に励み続ける主人公は立派で、物語を読み進めたくなるには十分な魅力があるだろう。

着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

本作のRPG要素はパーティーバトルの役割に由来するというより、“役割になりきる”主人公への自己投影に近い。

物語の選択はプレイヤーに委ねられ、ミニゲームや各種コンテンツも主人公と共に臨んでいく。

着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

なお、主人公に自我や個性はあるが、ひたむきに努力を続ける強い芯があるので不快感がなく魅力的だ。「メイク」「華服(着せ替え)」機能で好みの外見にドレスアップが可能である。

ここでのコーディネートはゲーム内のADVパート、バトル中のカットインイラストにもしっかりと反映されるから、時間をかけて組み合わせる価値が感じられた。

着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

ゲームを進めていけばペットの飼育や農作物を育てる要素が解放されていく。メインストーリー以外にも楽しめるコンテンツは豊富な印象

ゲーム内のサーバー内チャットに対応していて、他のプレイヤーと情報交換や雑談なんかも行える。

着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

メインストーリーを進めるためにはプレイヤーレベルを上げる必要が出てくるが、バトルや時間経過の放置収益で育成していくのが基本。

バトルはセミオート仕様でキャラクターのレベルを上げておけば割と簡単にクリア可能だ。触れる頻度は多いが、オマケ程度の認識で問題はないだろう。

着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

出会ったキャラクターとは交流を重ねることでさまざまな台詞を聞けたり、エピソードが語られることもある。

メインストーリーを進めながら息抜きに推しのキャラクターたちと交流するなど、他のコンテンツをゆっくりと楽しめる、程よいバランス感でぜひ宮廷ライフを楽しんで欲しい。


青雲の契り

青雲の契り
iPhoneAndroid
Future Interactive Limited
王朝と運命を契る育成RPG

青雲の契りの序盤攻略

青雲の契りの序盤攻略

主要機能解放までが全体的に長めで、1時間のプレイでも全機能解放が解放されない。ゲームとしてもゆったり遊べる雰囲気のタイトルなので、リセマラはあまり推奨しない(可能ではある)。

基本はメインストーリーを進めながらバトルを繰り返していくゲームサイクルだ。バトルの難易度も高くはなく、キャラクターの装備やレベル上げで十分序盤は進められる。

青雲の契りの事前登録特典

事前登録者数が10万人を突破した『青雲の契り』を始めると下記の事前登録を入手できる。

  • 「基礎修行露」×10
  • 「兎ノ招待状」×1
  • 「強化丹」×10
  • 「青雲の絵巻」×10
  • 「元宝」×300
  • SSR「慕凌浩」
  • 「銀貨」×100,000
  • 青き楓×1

青雲の契りのレビュー、評価まとめ(総評)

青雲の契りのレビュー、評価まとめ(総評)

ストーリー体験が高密度で、アドベンチャーゲームを遊ぶプレイヤーには好まれそうなポイントが多い。世界観は東洋の古代宮廷と、いささかとっつきにくさが否めないが、ゲームとしてのクオリティは高い。

映えるビジュアル表現もゲームの魅力として挙げるべきものだろう。気になるのは公式サイトのキャラクターデザインが日本国内向けに描き下ろされているのに対し、ゲーム本編ではそのままだと言う点。女性主人公が別人レベルなので、これはどうなのか…。

青雲の契りの特徴
  • 味わい深くも厳しい古代の世界を多角的に描写する美しいビジュアル表現
  • イジワル皇子との駆け引きや、男尊女卑の宮廷から成り上がる物語!
  • 着せ替えにバトルに交流も。宮廷ライフをロールプレイ!

青雲の契り

青雲の契り
iPhoneAndroid
Future Interactive Limited
王朝と運命を契る育成RPG

動画

青雲の契りのアプリ情報

アプリタイトル青雲の契り
ジャンル王朝と運命を契る育成RPG
会社Future Interactive Limited
配信日2023年2月16日
価格基本無料(ゲーム内課金あり)
公式サイト青雲の契り公式サイト
公式Twitter青雲の契り公式Twitter
対応機種iOS10.0以降/Android5.0 以上
サイズ1.6GB~
レビュー日2023年2月25日

この記事を読んだ人におすすめのRPG!

月ウサギのそだてかた

豪華アニメ演出! シンプルなターン制コマンドバトル

月ウサギの戦いを描いた放置系RPG

  •  かわいい月ウサギを育てて「夜」に立ち向かう!
  • 放置も手動もサクサク楽しい迫力のバトル
  • 武器も能力も充実の強化システム

詳しく見る!


エリオスライジングヒーローズ

魔女狩りの塔のレビューと序盤攻略

個性豊かなイケメンヒーロー多数登場!

  • 司令官となって街の平和を守るヒーロー育成RPG
  • 4つのセクターに分かれた個性豊かなヒーローたち
  • 絆を繋いで勝利を掴め!連携が熱いコマンド式バトル

詳しく見る!


エグゾスヒーローズ

エグゾスヒーローズ、キャラ育成

神秘的なファンタジーの世界を冒険

  • スマホ最高峰のグラフィックで爽快バトル!
  • 美麗イラストで描かれた個性的なキャラが200種類も
  • バトルとキャラ育成がシンプルなのに面白い!

詳しく見る!


おすすめRPGまとめを読む!

青雲の契りのレビューと序盤攻略

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次