【評価&レビュー】『World II World(ワルツー)』2画面でそれぞれの物語が進む!?あまりに新基軸過ぎるニコイチRPG!

World-II-World(ワールド・ツー・ワールド)のレビューと序盤攻略

この記事では無料で遊べるスマホゲームアプリ『World II World(ワルツー)』を実際にプレイしゲームが気になっている方に向けて分かりやすく解説しています。

注目の新作一覧👀

機兵とドラゴン

4月8日配信

ハイフラ

3月28日配信

ストD

3月27日配信

ちゃんごくし!

3月26日配信

もっと見る

目次

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

レビューを読むのがめんどうな人向けにいきなり結論!

World II World(ワールド・ツー・ワールド)』は、Aniplex Inc.とデスクワークスで手がけるニコイチRPG。スマホの画面を上下で2分割し、それぞれの画面で個別の物語が展開する世界初の斬新な試みのタイトルだ。

本作は「シングルプレイ専用RPG」であり、ギルドやフレンド要素が存在しない。また、作中に登場する3つの世界に全て異なる世界観と物語が用意され、プレイヤーの裁量でマイペースに進められる。

\ 実際に遊んだ評価 /

ゲーム性(2.5)
グラフィック (3.0)
世界観 (4.5)
コンテンツ (4.0)
BGM (4.0)
総合評価 (3.6)
※評価の基準について
Apple Store(3.1)Google Play(2.9)
良い点イマイチな点
斬新ながら意外と楽しめるシステム
異なる世界観の組み合わせも新鮮
思わず遊んでしまう高い没入観の物語
仲間を集めるのが大変

こんな人におすすめ!

  • RPGが好きな人
  • 複数の世界観が登場する作品に興味がある人
  • 斬新なゲームが好きな人

World II World(ワルツー)とは?

2023年2月22日にAniplex Inc.からリリースしたアプリゲーム『World II World(ワールド・ツー・ワールド)』(以下、「ワルツー」)。異なる2つの世界の物語をスマホ画面2分割で同時に楽しめるニコイチRPGだ。

スマホゲームのソーシャル要素を排し“シングルプレイ専用RPG”を掲げる本作には、総勢160名以上のキャラクターが登場する。3つの世界と6つの世界観をプレイヤーのペースで楽しめる、今までにない新基軸なゲームに仕上がっている。

World II World(ワルツー)の特徴
  • 情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!
  • 3つの世界と6つの世界観!バラエティーに富んだビジュアル
  • テーマ性が見えて惹かれる物語!2つの世界が交錯するのもポイント

World II World(ワルツー)のゲーム内容を徹底解説

ここからは『World II World(ワルツー)』がどんなゲームなのか特徴別に詳しくレビューしていこう。

情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!

情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!

“スマホ2画面での同時プレイ”。仮にこの前情報を知っていたとしても、それを聞いた多くのユーザーが一瞬思考停止してしまうことだろう。『ワルツー』の試みは、それほどまでに新基軸過ぎると痛感せずにはいられないのだ。

2画面で遊ぶゲームと言っても、例えば下画面での行動が上画面の世界に作用する…といったタイトルならば、「ニンテンドーDS」「ニンテンドー3DS」辺りにあったかもしれない。

情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!

しかし『ワルツー』はアプリゲームであって、コンソールタイトルではない。そして先述したような想像の範疇に収まるゲーム性とも言えず、実のところ画面上下で完全に独立したRPGと表現するのが正しい。

今までモバイル向けのアプリゲームに、画面上下で個別のシナリオ&バトルが展開するRPGは存在しないし、恐らく『ワルツー』が世界初だろう

情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!

プレイヤーは画面上下でそれぞれ別の世界を操作するため、同時に物語を進行させるのは正直かなり難しい。また、片方の世界を操作するとそちらの世界のBGM、キャラクターボイスが優先的に出力される仕組みだ。

感覚的には大型TVの2画面同時出力機能を使用している状態にも近い。無論、同時進行はゲーム体験が相応に薄まってしまいかねないから、“片側の世界を先に進めてもう片方は後回し”とするのが遊びやすい。

情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!

それでも、デバイス1つで2つのRPGを同時にプレイできるのは、やはり『ワルツー』だけの特徴。これみよがしにAUTO機能が用意されており、これを利用すればやや強引な同時プレイもできなくはない

その分片側の世界における解像度は下がるので、2つの世界の出来事を要点的に抑えておく必要はある。

情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!

アニメや漫画等で主人公側の物語があるようにライバルキャラにも物語がある。だが、それを同時に描写する作品はほぼなく、片方側は省かれてしまうものだ。その点、本作は2画面で進行するのでお互いに描写が不足するといった心配はない。

ぶっちゃけ力技過ぎるのだが、「一粒で二度美味しい」を強引にゲームシステムとして落とし込むのは思い切ったものである。とはいえ新鮮な体験であるのは間違いない

3つの世界と6つの世界観!バラエティーに富んだビジュアル

3つの世界と6つの世界観!バラエティーに富んだビジュアル

作中には3つの世界と6つの世界観が存在している。1つのワールドに画面上下で異なる2つ文明があり、そのワールドが3つ用意されているイメージだ。

ワールドの種類は「機械×人間」「異世界×現代」「西部×東部」で、もちろん物語や登場人物も異なる。ビジュアル的にはとてもバラエティ豊か。

3つの世界と6つの世界観!バラエティーに富んだビジュアル

ただ、いくらバラエティに富んだとしても、ガチャで入手したキャラクターは基本的にその世界観(文明)でしかパーティー編成を行えず、それぞれで戦力を用意しなければならない。

その分バトルの難易度は抑え気味な印象で、レベル上げなどの単純な施策が攻略の要になるだろう。

3つの世界と6つの世界観!バラエティーに富んだビジュアル

本作では画面上下で独立した世界の物語が展開されるものの、その世界には確かな繋がりがあって両輪的である。片側が一定の段階まで進むと、もう片側を進める必要性も出てくる。

それはお互いの世界が鑑賞し合うタイミングなのかもしれないし、ゲームの進行バランスを考えてのことなのかもしれない。

3つの世界と6つの世界観!バラエティーに富んだビジュアル

個別の物語は主人公キャラクターたちの目的が違えば、その思想や行動原理も全く異なる。そしていずれも個性的ゆえに、片側ずつ遊んだとしてもちゃんと魅力を感じられる

何より世界観やキャラクターなど、プレイヤーの好みで好きなワールドの物語を自由に攻略できるのはイイ。遊ぶ側の意思決定を尊重していて、シングルプレイに特化しているのは伊達ではなさそうだ

テーマ性が見えて惹かれる物語!2つの世界が交錯するのもポイント

テーマ性が見えて惹かれる物語!2つの世界が交錯するのもポイント

“ニコイチRPG”とされている通り、物語の進行によっては2つの文明が交錯するような場面もある。

文字通りニコイチな状況となる訳だが、基本的に画面上下で関わらないはずのキャラクター同士が絡むと、それだけで物語展開に引き込まれてしまう

テーマ性が見えて惹かれる物語!2つの世界が交錯するのもポイント

何より独立した物語の価値観や信条の異なる主人公同士が、予想外の邂逅を果たす点はやはり盛り上がるというもの。この出会いをキッカケに個々の物語は大きく動き始めていくのだ。

ストーリーの構造は言うなれば「群像劇」だ。ただ、群像劇は群像劇でも活躍するフィールドが全く異なる世界観という異質さは『ワルツー』ならでは。

テーマ性が見えて惹かれる物語!2つの世界が交錯するのもポイント

また、3つの世界は異なる6つの世界観を持ってはいるが、テーマパークのようにさまざまな世界観が楽しめるというのは表層部分に過ぎない。

ゲームプレイで体感できた真の魅力とは、間違いなくワールドが抱えている“テーマを軸にしたシナリオ体験”。そのテーマに対して6人の主人公たちが向き合う過程は劇的である。

テーマ性が見えて惹かれる物語!2つの世界が交錯するのもポイント

さらに3つの世界は軸になるテーマとは別に、シリアスな空気を纏うワールドだったり、コミカルな空気のワールドだったりと、物語の温度感すら全く異なる

一通りのワールドを遊ぶことにはなるが、3つの世界を解放したときどれを楽しむかはプレイヤー次第。6つも物語があれば、自分の傾向と照らし合わせて気楽に楽しめることだろう。

World II World(ワルツー)の序盤攻略

World II World(ワルツー)の序盤攻略

本作ではガチャの解放までに多少の時間を要するゲームを初めて20分ほどで初回のガチャが回せて引き直し可能。最高レアリティは★5で、初回のガチャで複数排出される場合もある。注意したいのは、6つの物語ごとに個別で仲間を集める必要がある点だ。

シナリオ重視のゲームなので、ガチャを回す際にはパーティメンバー数を考慮して、戦力が不足している物語のガチャを引こう。でなければ序盤から苦戦を強いられることになる。

World II World(ワルツー)の事前登録特典

事前登録者数が30万人を突破した『World II World(ワルツー)』を始めると下記の事前登録を入手できる。

  • 「引力石」×500
  • 「旅立ちの指輪」×6
  • 「引力石」×500
  • ★4「バットリー」
  • 「引力石」×1,000
  • ★5「ニャイン」

World II World(ワルツー)のレビュー、評価まとめ(総評)

World II World(ワルツー)のレビュー、評価まとめ(総評)

スマートフォンの画面を2つに分けてそれぞれで個別の主人公と物語を描写する全く新しい試みの一作品。上と下で忙しいゲームプレイになるのは否定できない事実であり、単純に遊び難いと感じるプレイヤーもいるだろう。

しかし、3つの世界で描かれる6つの物語は、プレイヤーに「物語の続きを読みたい」と感じさせるだけの魅力を備えている。コマンドバトルは大味な上に戦略性も乏しいが、ストーリーのオマケと考えればむしろ十分過ぎるほど簡素でラクな印象であった。

World II World(ワルツー)の特徴
  • 情報量多めだけど全く新しい体験に。“一粒で二度美味しい”をパワープレイで実現!
  • 3つの世界と6つの世界観!バラエティーに富んだビジュアル
  • テーマ性が見えて惹かれる物語!2つの世界が交錯するのもポイント

動画

World II World(ワルツー)のアプリ情報

アプリタイトルWorld II World(ワルツー)
ジャンルニコイチRPG
会社SkyPeople
配信日iOS:2023年2月22日
Android:2023年2月22日
価格基本無料(ゲーム内課金あり)
公式サイトWorld II World(ワールド・ツー・ワールド)公式サイト
公式TwitterWorld II World(ワールド・ツー・ワールド)公式Twitter
対応機種iOS11.0以降 /Android5.1 以上
サイズ147.5MB~
レビュー日2023年2月23日

この記事を読んだ人におすすめのRPG!

月ウサギのそだてかた

豪華アニメ演出! シンプルなターン制コマンドバトル

月ウサギの戦いを描いた放置系RPG

  •  かわいい月ウサギを育てて「夜」に立ち向かう!
  • 放置も手動もサクサク楽しい迫力のバトル
  • 武器も能力も充実の強化システム

詳しく見る!


エリオスライジングヒーローズ

魔女狩りの塔のレビューと序盤攻略

個性豊かなイケメンヒーロー多数登場!

  • 司令官となって街の平和を守るヒーロー育成RPG
  • 4つのセクターに分かれた個性豊かなヒーローたち
  • 絆を繋いで勝利を掴め!連携が熱いコマンド式バトル

詳しく見る!


エグゾスヒーローズ

エグゾスヒーローズ、キャラ育成

神秘的なファンタジーの世界を冒険

  • スマホ最高峰のグラフィックで爽快バトル!
  • 美麗イラストで描かれた個性的なキャラが200種類も
  • バトルとキャラ育成がシンプルなのに面白い!

詳しく見る!


おすすめRPGまとめを読む!

World-II-World(ワールド・ツー・ワールド)のレビューと序盤攻略

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次